ニュース

国内男子ダイヤモンドカップトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

3時間の中断を乗り越え、真板が単独首位をキープ

茨城県の大洗ゴルフ倶楽部で開催されている、国内男子ツアー「ダイヤモンドカップトーナメント」は、予報どおり雨に見舞われてしまった。12時を過ぎた時点で、大会本部から、コースコンディション不良のため一時中断が発表された。そして、3時間後に試合が再開。日没を迎えずに全選手ホールアウトすることができた。

初日7アンダーで単独首位に立った真板潔は、パー5のホールでバーディを奪うが、2ホール後にはボギーを叩く波に乗れない状態だった。終盤15番パー5、16番パー3で連続バーディを奪ったが、最も難易度に高い17番ホールでダブルボギーを叩いてしまった。それでも、周囲もスコアを伸ばしていないためスタート時の7アンダーで首位をキープしている。

<< 下に続く >>

5アンダー2打差の2位には、丸山大輔友利勝良トッド・ハミルトンの3人が並んでいる。雨のため、スコアを崩す選手が多かったが、丸山は2打、友利も1打伸ばしている。特に友利は、このような難しいコンディション時に力を発揮することが多い選手だ。最終日も悪コンディションが続くと友利が有利になるかもしれない。

今回会場となっている大洗は終盤に難しいホールが続いている。16番からの上がり3ホールがカギになるのだが、その3ホールで3オーバー以上叩いてしまった選手が10人もいた。上位勢には、2位のトッド・ハミルトン、そして2アンダー12位につけているジャンボ尾崎も3連続ボギーフィニッシュとなっている。

17番パー4では、バーディを奪った選手はゼロ。パーで切り抜けたのが31人。決勝ラウンドに進んだ71人中、半分以上の選手がボギーかダブルボギーを叩く結果になった。明日最終日はこの終盤のホールをどう切り抜けるかが勝負の分かれ目になりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ダイヤモンドカップトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!