ニュース

国内男子マンシングウェアオープンKSBカップの最新ゴルフニュースをお届け

宮本、桧垣豪が首位!なんと、3ホールでエースが出た!!

国内男子ツアー「マンシングウェアオープンKSBカップ」が、兵庫県の六甲国際ゴルフ倶楽部で開幕した。昨年は香川県の鮎滝カントリークラブでの開催となったが、2年ぶりに六甲で開催されることになった。1983年に青木功が優勝した日本オープンなど、数々のトーナメントを開催してきたコースである。

初日快調に飛ばしたのは、午前中にスタートした桧垣豪だった。スタートの1番ホールでバーディを奪うと、3番から4連続で奪いリーダーボードの一番上に名前を掲げた。8番でもバーディを奪い、前半を6アンダーで折り返した。そして前半の勢いが止まらず、11番200ヤードのパー3では5番アイアンでピン手前1.5メートルに落とすと、そのままボールがカップに吸い込まれホールインワンを達成。

<< 下に続く >>

さらに12、13番もバーディで10アンダー。どこまで伸ばすかと周囲がざわめく中、16、18番はボギーを叩いてしまった。結局8アンダーでホールアウト、単独首位にはならなかった。

桧垣に追いついたのは、今シーズン不調にあえぐ宮本勝昌だ。5試合に出場し、フジサンケイの49位以外は全て予選落ち。その宮本が8バーディ、ノーボギーの完璧なゴルフで初日を終えた。この日の宮本は4、5メートルのバーディパットをいくつも決めていた。

首位に2打差の6アンダーには6人が並んでいる。先週行われた日本プロゴルフ選手権大会で単独2位になった韓国のS.K.ホも6バーディ、ノーボギーと好調を維持している。対照的なのが、先週その日本プロを制した片山晋呉だ。体調不良もあり4バーディ、4ボギーのイーブンパーで54位と出遅れてしまった。

この日ホールインワンを達成したのは桧垣だけではなかった。トッド・ハミルトンは、6番187ヤードのパー3を7番アイアンで、17番210ヤードの17番パー3では、板倉俊哉が4番アイアンでエースを決めている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 マンシングウェアオープンKSBカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!