ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

16歳の伊藤誠道、史上2人目の高校生Vに王手!

北海道の札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースで開催されている、国内男子ツアーの第15戦「ANAオープンゴルフトーナメント」の3日目。単独首位からスタートした16歳のアマチュア伊藤誠道(杉並学院高1年)が3つ伸ばし、通算12アンダーでホールアウト。カート・バーンズ(オーストラリア)と並び、首位タイで最終日を迎える。1973年のツアー施行後では倉本昌弘(1980年)、石川遼(2007年)に次ぐ3人目のアマチュア優勝、そして石川に続く2人目の高校生優勝に王手をかけた。

通算11アンダーの単独3位には小田孔明。通算10アンダーの4位タイに片山晋呉松村道央。通算9アンダーの単独6位に上井邦浩、通算8アンダーの7位タイに近藤共弘谷口徹平塚哲二ら5人が続く。大会連覇がかかる池田勇太は、通算6アンダーの13位としている。

<< 下に続く >>

<偉業達成なるか?16歳の伊藤誠道が首位キープ!>
1999年のJGTO創設以降、アマチュアとして首位で決勝ラウンドを迎えたのは伊藤が初めて。最終組からトーナメントをリードしてスタートした伊藤は、1番で幸先良くバーディ発進としたが、「試合でおはようバーディを獲ると、良いことないんです」と逆に気を引き締めていた。

その不安は的中する。5番(パー5)で2オンに成功したものの3パットでバーディを逃すと、7番ではグリーン手前のラフから寄せきれずに今大会初のボギーを叩いてしまう。続く8番(パー3)ではティショットを手前に外し、アプローチも2mと寄せきれない。しかし、このパーパットをしぶとく沈めると、流れは再び伊藤の方に傾き始めた。

12番(パー5)、13番で連続バーディ。16番では15mの長いバーディパットを沈めて右手の拳を突き上げた。この日「69」と3日間続けて60台をマークして通算12アンダーとした伊藤が、首位タイをキープして最終日へと挑む。

<飛ばし屋のカート・バーンズが首位に並ぶ>
3日間の平均ドライビングティスタンスは決勝ラウンドに進出した71人中で4番目。首位の伊藤を20ヤード以上も上回るカート・バーンズ(オーストラリア)が、1イーグル5バーディ2ボギーの「67」で逃げる伊藤を捉えた。

「このコースのパー5はすごく自分に合っている」と、この日は4つのパー5で5アンダーを荒稼ぎ。「自分のゴルフに集中すること。自信はある。何が起きるか、楽しみだね」とツアー初優勝に向け、初めての首位タイ、初めての最終組で最終日を迎える。

小田孔明が1打差3位、松村道央は伸ばしきれず>
最終組で回った小田、松村の2人は、アマチュアの伊藤との差を詰めることができなかった。5番でイーグルを奪うなど、一時は単独首位に立った小田だったが、「最後はドライバーがチーピンばかりで悔やまれる」と、14番以降にバーディを奪えず通算11アンダー、首位と1打差の3位でホールアウト。一方の松村は3バーディ1ボギーの「70」と、スコアを伸ばす上位勢の中にあってはバーディ数が少なく、通算10アンダーの4位タイグループへと順位を落とした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!