ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

松村ら3人が首位タイ! 石川は初の予選突破、4打差で決勝へ

兵庫県の小野東洋ゴルフ倶楽部で開催されている、国内男子メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」の2日目。J.チョイ(米国)、松村道央河井博大の3人が、通算4アンダーで首位に並ぶ混戦模様となっている。

通算3アンダーの4位タイに、武藤俊憲野仲茂藤田寛之J.B.パク(韓国)の4人。通算2アンダーの8位タイに、ディフェンディングチャンピオンの谷口徹をはじめ、キム・キョンテ(韓国)、小田孔明、上井邦浩ら8人が続いている。

ホストプロの池田勇太は、片山晋呉らと並び通算1アンダーの16位タイ。イーブンパーの37位タイからスタートした石川遼は、3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「71」にまとめ、通算イーブンパーの26位タイでホールアウト。今大会4度目の出場で、自身初の予選突破を果たしている。

<松村が初の日本タイトル獲得へ向けトップタイに浮上>

3位タイで2日目を迎えた松村が「71」とパープレーで4アンダーをキープ。ティショットを右の土手に打ち込んだ5番までに2つボギーをたたいたが、後半に挽回。「前半はトラブルが結構多くて、いつもだとあわててダメだけれど、今日は落ち着いていた」と納得の表情を浮かべた。飛躍の年となった昨年は「コカ・コーラ東海クラシック」での初優勝を含め2勝をマーク。今季はここまでアイアンショットの精度に苦しんでいたが「ようやく人並ぐらいに少し改善されました」と手ごたえを感じながら3日目は最終組でプレーする。

<メジャー連勝の期待がかかる藤田は首位と1打差をキープ>

昨季最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」に続くメジャー大会での連続優勝を狙う藤田は、2日目も“らしさ”を発揮。出だしの1番でボギー発進するが、その後は7番でグリーン手前バンカーからのパーセーブなど、2メートル前後の微妙なパットを沈め続けた。3パットした16番でダブルボギーを叩き、単独首位の座は逃したが、好位置に変わりはない。それでも「このままでは(優勝に)届かない」と普段通り慎重なコメント。「あの『鬼の谷口(徹)さん』でも2アンダーですから。まだまだ2日間ありますし、ドキドキしたい」と話した。

<自身初の同大会予選通過を果たした石川遼が4打差で追う>

この“日本プロ”で2008年のプロ転向後、3年連続で予選落ちを喫していた石川は、序盤にアプローチのミスが続いて3番をボギー、4番をダブルボギーとして一時は後退。しかしその後3バーディを奪って2日連続イーブンパーでまとめ、首位と4打差で決勝ラウンドを迎えることになった。最終18番では9番アイアンでの第2打をピン奥2メートルにつけるショットでバーディを奪い「少ないチャンスをものにできた」と両手を突き上げてガッツポーズ。“鬼門”を突破し「この2日間でバーディが4つ。自分のノルマ(1ラウンドあたり4バーディ)には全く及ばない。今日、昨日に獲れなかった分を獲りたい」と今季初勝利、自身初のメジャーVへ気持ちを入れ直していた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。