ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

丸山大輔、宮本勝昌、S.ガルシアが首位に並ぶ混戦! 片山晋呉も9位タイへ浮上

静岡県にある太平洋クラブ御殿場コースで行なわれている、国内男子ツアー第26戦「三井住友VISA太平洋マスターズ」の2日目は、天候に恵まれギャラリー数も2,353人を数えた。

試合は通算9アンダーで、丸山大輔宮本勝昌セルヒオ・ガルシア (スペイン)の3人が首位に並んだ。なかでも丸山と宮本は、ともに8つスコアを伸ばす猛攻で一気にポジションをアップ。一方のガルシアも6バーディ、1ボギーでスコアを5つ伸ばすなど、好調を持続している。

通算8アンダーの4位タイには、小山内護横田真一がつけ、通算7アンダーの6位タイにも小田龍一川岸良兼井上信が顔を揃えるなど混戦が続いている。

注目選手では、片山晋呉が7バーディ、3ボギーでスコアを4つ伸ばし、通算6アンダーの9位タイへ浮上。さらにベテランの中嶋常幸深堀圭一郎らも通算5アンダーの10位タイと好位置を得ている。もう1人の米ツアー帰国組、今田竜二は4バーディ、2ボギー、1ダブルボギーでホールアウト。スコアを伸ばせず、通算3アンダーで18位タイへポジションを落とした。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!