ニュース

国内男子アサヒ緑健・よみうりメモリアルオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

準地元、伊沢利光がダブルイーグルで首位発進!!

国内男子ツアー第25戦「アサヒ緑健・よみうりメモリアルオープンゴルフトーナメント」が、福岡県にある麻生飯塚ゴルフ倶楽部で開幕した。今年から始まった大会で、その初代王者の座を狙う伊沢利光が7アンダーの首位スタートを切った。

妻・和子さんの出身地である飯塚市に移り住んでいる伊沢にとって、麻生飯塚ゴルフ倶楽部は地元同然。周囲の期待も高まる中、スーパープレーを見せた。10番ホールからスタートした伊沢は、17番568ヤードのパー5でセカンドショットが直接カップイン。アルバトロス(ダブルイーグル)を達成したのだ。後半も3バーディを奪い7アンダーの首位タイで初日を終えている。

<< 下に続く >>

伊沢と並び首位に立ったのは、先週行われた「ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」で最終ホールに運悪くスコアを伸ばせず優勝を逃した川岸良兼。15番ホールから4連続バーディを奪うなど好調なゴルフを維持している。今週こそ復活の優勝ができるか注目だ。

首位の2人を1打差で追うのは横尾要だ。横尾も6番ホールから4連続バーディを奪うなどチャージをかけたが、ボギーを2つ叩き6アンダーに止まっている。横尾も復活を狙う選手の1人。2年前に行われた「ダンロップフェニックス」でタイガー・ウッズセルヒオ・ガルシアなど、世界の強豪を抑えて優勝を果たして以来優勝から遠ざかっている。

また、アマチュア勢では日本大学1年生の諸藤将次が、10番パー5でイーグルを奪うなど、持ち前の飛距離を武器に4アンダー6位タイの好スタート。14歳の伊藤涼太は、1オーバー62位と少し出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 アサヒ緑健・よみうりメモリアルオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!