ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

三橋が見せ場を作るも一歩届かず!B.ジョーンズが混戦を制した

兵庫県のスポーツ振興カントリー倶楽部山の原コースで行われている、国内男子ツアー第3戦「つるやオープンゴルフトーナメント」の最終日。上位陣に日本を代表するビッグネームが揃う中、初優勝を狙う三橋達也が大健闘を見せた。

序盤、最終組をラウンドした三橋とブレンダン・ジョーンズが並び前半を折り返す。後半に入ると、三橋は11番12番で連続ボギーを叩いてしまい一歩後退。13番を終了してジョーンズが2位以下に3打差をつけ、このまま勝負ありかに思われた。

しかしその直後14番でダブルボギーを叩き、このあたりから突如ショットが乱れてくる。これに付け込み、三橋が意地を見せた。三橋は17番パー5でグリーン奥からの3打目を絶妙なアプローチでバーディを奪い、望みをつなげる。

1打差で迎えた18番パー4で三橋は、最大の試練が訪れる。ティショットがディボット跡に入るアクシデント、結局2打目をハーフトップし、グリーン奥へこぼしてしまう。これに対し、2オンに成功したジョーンズは先にパーをセーブ。プレーオフのかかった三橋のアプローチは大きくショートしてしまいこのホールをボギー。この結果、ジョーンズが通算9アンダーで辛くも逃げ切りツアー3勝目を飾った。

また2位タイには、5人が並ぶ大接戦。最終日好スコア“67”をマークした横山真一、手嶋多一をはじめ、深堀圭一郎S.レイコック、最後まで優勝争いに絡んだ三橋が入っている。

そのほか注目選手の片山晋呉は、最終日アグレッシブなプレーで追い上げた。だが、17番パー5で2オンを狙うも池につかまってしまい首位をとらえることができず、菊池純谷口徹と同じく6アンダーの7位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。