ニュース

国内男子サン・クロレラ クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

星野とP.シーハンが首位に並ぶ!1打差で宮里聖志ら3人が追う展開に!

北海道の小樽カントリー倶楽部で開催されている、国内男子ツアー第16戦「サン・クロレラ クラシック」の3日目。この日、一気に6つスコアを伸ばし、通算10アンダーで星野と並んで首位に躍り出たのが、ポール・シーハン(オーストラリア)だ。

とにかく、シーハンの追い上げは凄まじかった。6番、7番での連続バーディを始め、13番のパー5では見事なイーグル。16番でボギーを1つ叩いたものの、上位陣が伸び悩む中、瞬く間に抜け出していった。明日の最終日、昨年の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」以来の日本ツアー3勝目を狙う。

さらに、シーハンと並んでトップに並んでいる星野英正も見逃せない存在だ。3日目は、ボギーが先行し、スコアを1つ落としたものの、首位タイに君臨。持ち前の迫力あるプレーができれば、大差をつけての勝利も十分可能だ。

そして、通算9アンダーの3位タイグループにも、平塚哲二宮里聖志深堀圭一郎ら、実力者が勢揃い。この中から誰が優勝争いに絡んでくるのか注目したい。そのほかの選手では、2日目にスコアを6つ伸ばして単独2位へ浮上し、期待された片山晋呉だったが、この日は3つスコアを落として通算5アンダーの15位タイへ後退。また、3位タイからスタートした伊沢利光も、思うようにスコアを伸ばせず、通算7アンダーの8位タイでホールアウトしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 サン・クロレラ クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。