ニュース

国内男子アイフルカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

高橋竜彦が2打差をつけ単独首位に。期待のアマ伊藤涼太は29位に踏みとどまる!

鳥取県の大山アークカントリークラブで開催されている、国内男子ツアー第15戦「アイフルカップゴルフトーナメント」3日目。前日3位タイスタートの高橋竜彦が5つスコアを伸ばし通算14アンダーで単独首位に立った。

いきなりバーディ発進した高橋は、前半だけで5つのバーディを奪取し好調振りをアピール。後半に入っても10番でバーディを奪い波に乗るかに思えたが、続く11番をボギーとしてからは我慢のプレーが続いた。結果それ以上のスコアメイクは出来なかったものの単独首位となり、明日の最終日、初優勝に期待がかかる。

この日、爆発力のあるプレーを見せたのは宮本勝昌。3アンダー35位タイからのスタートだったが、この日は7バーディノーボギーと完璧なゴルフで存在感を出した。通算10アンダー8位タイまで浮上し、首位と4打差。3日目を終えて優勝争いに名乗りを上げてきた。

一方、アマチュア15歳の天才少年、伊藤涼太が予選通過し、期待のかかる決勝ラウンドだったが、前半の5番から連続ボギーを叩いてしまい苦しい展開が続いた。しかし、後半に入ってからは3バーディノーボギーとしっかり踏みとどまるところはさすが。この日も1つスコアを伸ばして通算5アンダーの29位タイとし、最終日の爆発も大いに期待が持てる。

首位と2打差の2位タイには田島創志高橋勝成が虎視眈々と優勝を狙い、スタンバイといったところ。また、首位と3打差の4位グループにも川岸良兼や伊沢利光など実力者が迫ってきている。明日の最終日、熾烈な優勝争いが期待できそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 アイフルカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。