ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズカップの最新ゴルフニュースをお届け

D.スメイルが単独首位!2位には連覇を狙うS.K.ホなど9人が並んだ!

国内男子ツアー第12戦「日本ゴルフツアー選手権宍戸ヒルズカップ」が、茨城県の西茨城郡にある宍戸ヒルズカントリークラブで開幕した。午前中は小雨が降っていたが、午後には晴れ間も覗くほど天候は回復してきた。スコアが伸び悩むと思われた初日、4アンダーをマークして単独首位に立ったのはニュージーランドのデビッド・スメイルだった。

2週間前に米国で開催された今シーズンのメジャー第2戦「全米オープン」で、タイガー・ウッズを振り切り優勝したマイケル・キャンベルとスメイルは、2001年に日本で開催された「ワールドカップ」にニュージーランド代表として出場した。現在もニュージーランドを代表する選手の2人だが、キャンベルがメジャーを制覇したことが、スメイルにとって刺激になっている。

首位と2打差の2アンダーには、ディフェンディングチャンピオンのS.K.ホ(韓国)や川原希など9人の選手が並ぶ混戦となっている。その中には溝渕洋介という選手も入っている。1992年にプロ転向を果たしたが、94年に3試合で予選を通過した以外賞金すら稼げない日々を送っていた。今大会の台風の目となるか、2日目以降の戦いに注目が集まる。

その他の注目選手は、昨年の賞金王片山晋呉がイーブンパーの16位タイ。この大会で過去2勝している伊沢利光は1オーバーの26位タイ。同じく1オーバーには昨年プレーオフでホに敗れた近藤智弘もつけている。また、ジャンボ尾崎は前半からスコアを崩し9ホール終了することなく途中棄権となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。