ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

大混戦の戦い!5ホールのプレーオフ制しプロ16年目の篠崎紀夫がツアー初優勝!!

北海道の札幌GC輪厚コースで行われている、国内男子ツアー第16戦「ANAオープン」の最終日。首位から2打差に15人という大混戦からいち早く抜け出したのは、今野康晴だった。14番で8アンダー単独首位に立ったが、17番で1メートルのパーパットを外し、先に7アンダーでホールアウトした篠崎紀夫、シャワリット・プラポール(タイ)に並びプレーオフとなった。

プレーオフ2ホール目に今野がティショットを左サイドの池に入れ、ボギーで脱落。残る2人の戦いは5ホール目までもつれた。プラポールは4ホール目同様ティショットを右隣の9番ホールに入れ、脱出に3打を要してしまう。対する篠崎はティショットをラフに入れたが、2オンに成功。プラポールがこのホールをダブルボギーにしたため、篠崎は残り10メートルを3パットのボギーでツアー初勝利を掴んだ。

3日目に通算6アンダーの首位タイに浮上したすし石垣は、3番、4番でボギーが先行すると、6番でダブルボギーを叩くなどスコアを4つ落とし、通算2アンダーの19位タイで終了。5アンダー3位タイから今大会10年ぶりの優勝を狙った横田真一も、最終18番でダブルボギーを叩くなど3ストローク落とし、同じく19位タイとなった。

そして、ツアー史上4人目の3週連続優勝を狙う谷原秀人は、バーディを奪うがボギーも叩くというリズムに乗り切れない展開。この日イーブンパーとスコアを伸ばせず4アンダーは変わらず10位タイ。大記録はおあずけとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。