ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

谷口徹が単独首位! T.フジカワは予選通過ならず

愛知県にある名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで開催されている、国内男子ツアーの第3戦「中日クラウンズ」の2日目。初日に引き続きスコアメイクに苦しむ選手が続出する中、通算4アンダーまでスコアを伸ばした谷口徹が単独首位に躍り出た。

首位と1打差の3位タイからスタートした谷口は、前半は1つボギーを叩くも残りをパーで凌ぐ我慢の展開が続いた。しかし、折り返しの後半10番から3連続バーディを奪取。その後15番でもバーディを奪い、後続を突き離した。最終18番ではこの日2つ目となるボギーを叩くものの、通算4アンダーフィニッシュ。単独首位で明日からの決勝ラウンドを迎える。

トップタイからスタートした宮瀬博文は、この日はスコアを伸ばせずイーブンパーとして、通算3アンダーの単独2位に後退。同じくトップタイ発進の深堀圭一郎も1つスコアを落としてしまい、通算2アンダーの単独3位に後退している。

その他注目選手では、16歳のアマチュア高校生、タッド・フジカワが3番でチップインバーディを決めるも、この日もボギーが先行して通算10オーバー。69位タイとして、決勝ラウンド進出は叶わなかった。また、大会連覇を狙う片山晋呉は通算3オーバーの16位タイ。ベテラン勢では、尾崎健夫が通算4オーバーの24位タイで予選を通過。青木功は通算12オーバーの83位タイとして、田中秀道と並び予選通過は果たせなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!