ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

3人のプレーオフを制し、小山内護が2006年以来の優勝

北海道にあるザ・ノースカントリーGCで開催されている、国内男子ツアー第10戦「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」の最終日。通算13アンダーの単独首位でスタートした平塚哲二が、スコアを伸ばすことができず序盤から混戦模様に。

平塚をかわし中盤首位に浮上したのは韓国の金庚泰キム・キョンテ)。前半に2つのバーディを奪った金が、通算14アンダーまでスコアを伸ばし頭一つ抜け出した。しかし、その後はパーセーブを繰り返すと、15番でボギーを叩き、この時点で13アンダーの小山内護と並び首位タイ。さらに1打差の12アンダーには平塚、薗田峻輔チョ・ミンギュ(韓国)の3人と大混戦となった。

そして、最終組の2つ前でラウンドした薗田が最終18番パー5で、2打目を池に入れながらも1.5mのパーパットを沈め13アンダーでホールアウト。1組後ろの小山内も13アンダーで最終組を待つことになった。金が17番でもボギーを叩いたため、3人が12アンダーで最終組を迎えると、チョが2mのバーディパットを沈め13アンダーに伸ばして、薗田、小山内、チョの3人でのプレーオフに突入した。

その2ホール目に、薗田が2オン狙いの2打目で池に入れ、2人がバーディを奪ったため脱落。小山内とチョの戦いは4ホール目まで突入し、チョが3オン3パットのボギーだったのに対し、小山内は3オン2パット。50センチのウィニングパットを決めて2006年「アコムインターナショナル」以来の優勝を果たした。小山内は今大会マンデー(予選会)から勝ち上がっての本戦出場だった。

3日目の後半にスコアを伸ばし、通算6アンダー13位タイまで浮上した石川遼は、前半に3つのバーディを積み重ね通算9アンダーまで伸ばした。しかし、後半に入り13番パー5で2オンを狙った2打目が池に入り痛恨のダブルボギー。さらに17番、18番の上がり2ホールで連続ボギーを叩き、通算5アンダーの28位で競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。