ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

上田諭尉が4打差をつけて単独首位に君臨! 尾崎将司は5位タイに上昇

三重県の東建多度カントリークラブで開催されている、国内男子ツアーの開幕戦「東建ホームメイトカップ」の2日目。初日を終えて5アンダーで並んだ4人の内、頭1つ抜け出したのはツアー未勝利の上田諭尉だった。

上田は、1番、2番で連続バーディを奪う幸先の良いスタートを切ると、バックナインに入ると勢いはさらに加速。7バーディ1ボギー、この日ベストスコアタイとなる「65」をマークし、後続に4打差をつける通算11アンダーフィニッシュ。初優勝を手元にグッと引き寄せた。4打差の通算7アンダー2位タイには、中川勝弥深堀圭一郎の2人。さらに1打差の6アンダー単独4位には、I.J.ジャン(韓国)が続いている。

<< 下に続く >>

上田と並び首位タイでスタートした立山光広藤田寛之尾崎健夫の3人はこの日スコアを伸ばすことができず、それぞれ通算5アンダー5位タイ、通算4アンダー8位タイ、通算3アンダー14位タイに順位を落とした。

逆に順位を上げたのが、2アンダー14位タイからスタートした尾崎将司。出だしを2連続ボギーとしたものの、ここから巻き返しを見せる。2番以降を5バーディノーボギーとスコアを伸ばし、終わってみれば「68」をマーク。通算5アンダーの5位タイに順位を上げ、明日からの決勝ラウンドを迎える。

6年ぶりの国内復帰で注目を集めていた田中秀道は、通算7オーバーの115位とさらに順位を落とし、予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!