ニュース

欧州男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

T.イメルマンが単独首位!タイガー苦戦、日本勢は・・・

ジョージア州アトランタ郊外のオーガスタナショナルゴルフクラブで開催されている、2008年のメジャー第1戦「マスターズ」の2日目。この日も最高気温27度を越える暖かい中でのラウンドで、上位選手は好スコアが続出している。

単独首位に立ったのは、4アンダー首位タイからスタートしたトレバー・イメルマン(南アフリカ)。6番パー3で今大会初めてのボギーを叩いたが、5バーディを奪い通算8アンダーまでスコアを伸ばしている。上がり2ホールとなる17番、18番で8メートル程の長いバーディパットを決めて一歩抜け出した。

1打差の7アンダー単独2位はブラント・スネデカー。スネデカーも上がり2ホール連続バーディを奪いイメルマンをぴったりとマークしている。5アンダー3位には、3度目のグリーンジャケットを狙うフィル・ミケルソンスティーブ・フレッシュ。さらに、イアン・ポールター(イングランド)の3人。

優勝候補のタイガー・ウッズは、この日もストレスの溜まるラウンドとなった。1番でバーディが先行するものの、スコアを伸ばしたい2番パー5ではボギー。前半を2バーディ、2ボギーのイーブンパーで折り返す。後半は13番パー5で確実にバーディを奪うなど1つスコアを伸ばし1アンダー13位タイ。首位とは7打差で決勝ラウンドを迎えることになった。

一方、日本勢だが、午前中にラウンドした片山晋呉は、4バーディ、5ボギーの1オーバーと踏ん張った。しかし、初日の7オーバーとあわせ通算では8オーバー、自身2度目の予選落ち。最終組でスタートした谷口徹は7番でボギーの後、8番パー5でバーディ。13番クリークに捕まるなどダブルボギーを叩くが、16番、17番で連続バーディ。通算4オーバーで粘ったが、1打足りず日本勢はいずれも予選で姿を消すことになった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。