ニュース

欧州男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 場所:オークモントCC(ペンシルベニア州)

タイガー13位タイに後退!ミケルソンは無念の予選落ち

ペンシルバニア州のオークモントCCで開催されている、海外男子ゴルフのメジャー第2戦「全米オープン」の2日目。アンダーパーの選手はいなくなり、いよいよ「全米オープン」らしい我慢比べの展開となってきた。

首位に浮上したのは、初日1アンダー単独2位につけていたアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)。10番スタートのカブレラは、前半をイーブンで折り返すが、3番、5番でボギーを叩き1オーバーへ。このままカブレラがホールアウトすれば、11オーバーの選手も予選を通過できたが、最終9番でバーディを奪いイーブンパーでホールアウトしたため、通算10オーバーの51位タイまでの選手が決勝ラウンドに進むことになった。

<< 下に続く >>

カブレラの1打に泣いたのは、昨年の雪辱を狙ったフィル・ミケルソンルーク・ドナルド(イングランド)など19名いた。

首位を1打差で追うのは、イーブンパーの3位タイからスタートしたバッバ・ワトソン。レフティのワトソンはPGAツアー内でも屈指の飛ばし屋。今大会のようにフェアウェイが狭く、難易度が高い試合では注目度が下がるが、小技の上手さも披露し優勝争いに加わってきた。

初日1オーバー5位タイと、まずまずのスタートを切ったタイガー・ウッズは、2バーディ、6ボギーとスコアを4つ落とし、通算5オーバーで順位も13位タイまで後退してしまった。残り2日間で首位とは5打差、3日目のチャージをかけ首位タイ、もしくは最終組に入ることが出来るか注目だ。

5人が出場している日本勢は、初日2オーバー21位タイにつけた片山晋呉が、この日4オーバーとスコアを崩したが、順位は19位タイまで浮上させた。4オーバー57位タイスタートの今田竜二は8ストローク落とし83位タイで、3年連続の予選突破は果たせなかった。

また、この大会がメジャー初挑戦となる増田伸洋は、最終18番でトリプルボギーを叩き無念の予選落ち。増田と同じく日本で行われた最終予選会で出場資格を掴んだ横尾要谷口徹の2人も残念ながら2日間で姿を消すことになった。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 全米オープン

  • 2007/06/14~2007/06/17
  • 賞金総額:5,241,402
  • オークモントCC(ペンシルベニア州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!