ニュース

欧州男子南アフリカ航空オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 南アフリカ航空オープン
期間:12/14〜12/17 場所:ヒュームウッドGC(南アフリカ)

地元出身のE.エルスとT.イメルマンが首位スタート!

2007年欧州ツアー第6戦「南アフリカ航空オープン」の初日が、南アフリカにあるヒュームウッドGCでおこなわれた。例年、南アフリカの選手が上位をにぎわす大会だが、この日トップに躍り出たのは、5アンダー「67」をマークした4人。イングランド出身のアンドリュー・ライトとスペイン出身のカール・スネソン、そして地元出身のアーニー・エルストレバー・イメルマンだ。

エルスは、5番、6番の連続バーディで波に乗ると、7番パー5でもイーグルを奪取。後半にボギーを1つ叩いたものの、1イーグル、4バーディ、1ボギーと安定したゴルフを展開し、絶好の滑り出しを見せている。イメルマンも9番パー4でイーグルを奪うなど、エルスと同じ1イーグル、4バーディ、1ボギーの内容。イメルマンはこの大会で過去2度の優勝を果たしているだけに、明日以降も注目を集める存在になりそうだ。

<< 下に続く >>

同じく地元出身のディフェンディングチャンピオン、レティーフ・グーセンは、この日2イーグル、6バーディを奪うものの、13番でボギー、さらに17番パー5では痛恨の11打を記録してしまう。それまでに稼いだ貯金を一気に使い果たしてしまったが、最終的には3アンダー「69」の8位タイという好位置で競技を終えている。

また、先週に南アフリカでおこなわれた「アルフレッドダンヒル選手権」を制したアルバロ・キロス(スペイン)は、前半にスコアを崩すも後半は持ち直し、1アンダー「71」の23位タイとまずまずの位置につけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 南アフリカ航空オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!