ニュース

欧州男子ISPS HANDA ワールドスーパー6パースの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太は37位で決勝へ 片岡、川村は予選落ち

2019/02/15 20:05


◇欧州、アジア、豪州共催◇ISPSハンダ ワールドスーパー6パース 2日目(15日)◇レイクカリーニャップCC(オーストラリア)◇7143yd(パー72)

日本ツアーを主戦場にするマシュー・グリフィン(オーストラリア)が「67」で回り、トーマス・ピータース(ベルギー)、パヌポール・ピッタヤラット(タイ)、ライアン・フォックス(ニュージーランド)と通算8アンダーで並び首位に立った。

1打差5位にリチャード・マケボイ(イングランド)ら3選手が並んだ。

池田勇太は「68」で回り通算2アンダーの37位タイで決勝ラウンドに進んだ。片岡大育は「72」で通算1オーバーの86位タイ、川村昌弘は「77」で通算9オーバーの150位タイと予選落ちした。

競技はストロークプレーで行う第3ラウンド終了後、上位24人が最終日のノックダウン方式の6ホールのマッチプレー戦に進む。

関連リンク

2019年 ISPS HANDA ワールドスーパー6パース




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。