ニュース

米国女子ISPS HANDA オーストラリア女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

昨年ローアマの吉田優利、“勘違い”の一打に泣く

2019/02/15 19:33


◇米国女子◇ISPSハンダ オーストラリア女子オープン 2日目(15日)◇ザ・グランジGC (オーストラリア)◇6648yd(パー72)

1年前、ローアマチュアに輝いた吉田優利(千葉・麗澤高3年)だが、今年は1打届かず予選落ち。初日の「76」を、2日目は1アンダー「71」で巻き返したが、最終ホールで“勘違い”から貴重な一打を失った。

難しい午後組で、17ホールを終えて2つスコアを伸ばしていた。カットライン圏内の通算2オーバーとしていたが、「カットラインが1オーバーだと思っていた」と最終9番でピンを攻めて奥に外し、痛恨のボギーフィニッシュ。「(知っていたら)攻め方は変わったと思う…」と落胆した。

初日は「アライメントが狂っていた」というスイング修正に気が行き過ぎたことを反省した。2日目になって「なにが一番大事かというと、私はシンプルに考えてゴルフすることだと思う。今日はそれができたので、良いラウンドだった」と手ごたえを得た。だが、週末にプレーする機会は訪れなかった。

将来的には米ツアーも夢見るが、今年はプロテスト受験(日本女子アマ優勝の資格により最終から)を控えた18歳。来月にもここアデレードで、ナショナルチームの合宿と試合を控えている。「初日とか練習日も含めて得たものはたくさんありました。良い日を過ごせていると思います」と、一日一日を糧にして前進する。(オーストラリア・グランジ/今岡涼太)

関連リンク

2019年 ISPS HANDA オーストラリア女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには藤田光里プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。