ニュース

欧州男子ネルソン・マンデラ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ネルソン・マンデラ選手権
期間:12/12〜12/15 場所:マウントエッジコムCC(南アフリカ)

2人が「59」を達成!も、ツアー新記録にはならず…

◇欧州男子◇ネルソン・マンデラ選手権 3日目◇マウントエッジコムCC(南アフリカ)◇6,612ヤード(パー70)

大会初日の豪雨から連日のサスペンデッドで進行が遅れている大会は、半数の選手が第2ラウンドを終えられずに3日目を終えた。暫定首位は通算12アンダーのダニエル・ブルックス(イングランド)。第1ラウンドに8アンダーをマークしたブルックスは、10番からスタートした第2ラウンドを11ホール終えて4バーディ、ノーボギーで2位以下に1打差をつけている。

しかし、この日主役はブルックスではなく、ホルヘ・カンピージョ(スペイン)とコリン・ネル(南アフリカ)の2人だった。カンピージョは2つのイーグルと7つのバーディ、ネルは1イーグルと9つのバーディで、いずれも11アンダー「59」をマーク。欧州ツアーの最少スコア記録「60」を切るスコアだったが、この日は降り続いた雨の影響でフェアウェイのコンディションが悪く、プリファードライでのプレーだったため、新記録には認定されない。

今大会は昨年も雨でコンディション不良となり、スコット・ジェイミソン(スコットランド)が、36ホール決着、しかもパー65に短縮された第2ラウンドで「57」を記録し、優勝している。

今大会は今月8日に死去した故ネルソン・マンデラ元大統領(南アフリカ)の追悼式が日曜日に行われるため、日程を1日早めて開催された。このため、最終日となる14日(土)は6時からプレーが再開され、試合の成立を目指すことになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ネルソン・マンデラ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!