ニュース

欧州男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

J.フューリックが首位!石川遼は21位に浮上

◇全米プロゴルフ選手権 3日目◇オークヒルCC(ニューヨーク州)◇7,163ヤード(パー70)

通算9アンダーの単独首位でスタートしたジェイソン・ダフナーが、スコアを1つ落として通算8アンダーの2位に後退。代わって初日首位のジム・フューリックが、2ストローク伸ばして通算9アンダーとし、首位に返り咲いた。

予選2日間は雨の影響もあり、フェアウェイやグリーンが柔らかく、多くの選手がスコアを伸ばしていた。しかし、決勝ラウンドに入るとグリーン上ではボールが止まりにくく、風も吹いたために多くの選手がスコアメイクに苦戦。

7アンダー2位タイからスタートしたアダム・スコット(オーストラリア)は、スコアを2つ落として通算5アンダー5位タイに後退。5年ぶりのメジャー制覇へチャージをかけたかったタイガー・ウッズは、スコアを3つ落として通算4オーバーの48位となり、今年もメジャータイトル獲得は難しくなった。

イーブンパーの28位タイで決勝ラウンドに進出した石川遼松山英樹。石川は2連続ボギーでスタートし、上がり2ホールも連続ボギー。それでも中盤にバーディを積み重ね、この日はイーブンパー「70」で順位を21位タイへと上げてきた。一方の松山はバーディ、ボギーを繰り返す出入りの激しいゴルフで通算3オーバー、38位タイに後退した。

J.フューリック 10年ぶりメジャー2勝目に王手>

スタートから3ホールで2ボギー。フューリックは悪夢のような出だしからカムバックし、2003年「全米オープン」以来となるメジャー勝利に王手をかけた。首位との差2ストロークを追いかけ、最終組のひとつ前でプレーしたこの日、中盤からバーディを連発してムービングデーを引っ張ると、最終18番では手前カラーから4メートルを沈めてガッツポーズ。しぶといパーセーブで、途中に就いた単独首位の座を守り切った。

不吉なのは今年3度のメジャー制覇は、いずれも最終日の逆転によって達成されたものだというデータ。そしてフューリック自身、昨年に「全米オープン」、「WGCブリヂストンインビテーショナル」など4試合で、首位タイで迎えた最終日に逆転負けを喫している。

しかしそれに屈するわけにはいかない。「もう終わったことだ。経験したことを表現できればいい」と静かに意気込んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全米プロゴルフ選手権

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!
ラムキングリップ人気のクロスラインから新グリップ登場!最新のグリップ性能を聞いてみました



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!