ニュース

欧州男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 WGC HSBCチャンピオンズ
期間:11/01〜11/04 場所:ミッションヒルズGC(中国)

ウェストウッドが首位タイに浮上!藤田は連日の「67」

◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBC選手権 3日目◇ミッションヒルズGCオラサバルコース(中国)◇7304ヤード(パー72)

スコアの伸ばし合いが続く中、2位に5打差の通算16アンダー単独首位でスタートしたルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)は、スコアを2つ伸ばすに留まり通算18アンダーでホールアウト。そのウーストハイゼンを捉えたのは、イングランドのリー・ウェストウッドだった。

<< 下に続く >>

3連続バーディでスタートしたウェストウッドは、その後も4つのバーディを奪って迎えた14番からは怒濤の4連続バーディ。この日11ストローク伸ばして12位タイから首位へと駆け上がった。

3打差の通算15アンダー単独3位はフィル・ミケルソン。通算14アンダー4位タイにイアン・ポールター(イングランド)、ビル・ハースアーニー・エルス(南アフリカ)の3人が並んだ。エルスは14番で首位に並んだが、15番パー5で池に捕まるなどダブルボギーをたたくと、16番でも深いラフに捕まりボギーと終盤にスコアを崩した。

日本勢では2日目に5アンダー「67」をマークした藤田寛之が、この日も「67」でホールアウトし、通算9アンダー19位タイに浮上した。通算4アンダー34位タイに高山忠洋、通算5オーバー65位タイに武藤俊憲

24位タイからスタートした池田勇太は、18番1ホールで7オーバー「11」をたたく大トラブル。通算6オーバー70位タイに失速。久保谷健一は通算10オーバー74位タイ。小林正則は途中棄権となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!