ニュース

欧州男子アルガーブオープン・デ・ポルトガルの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 アルガーブオープン・デ・ポルトガル
期間:04/01〜04/04 ル・メリディアンペニナG&R(ポルトガル)

ヒメネス、ガリード、リンの3人が首位に並んだ

ポルトガルにあるバーリ・ド・ロボで行われている、欧州男子ツアー第12戦「アルガーブオープン・デ・ポルトガル」の3日目。上位陣のスコアが伸び悩む中、後続にいた選手たちが好スコアを叩き出し、上位陣が大きく入れ替わった。

首位でスタートしたミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)は、前半のホール全てパーとバーディが奪えず我慢のゴルフが続いた。ようやく14番でバーディを奪い、最終18番でもバーディとこの日2ストローク伸ばして通算11アンダーで首位をキープした。ヒメネスはこの2日間ボギーのない安定したゴルフを続けている。

ヒメネスが伸び悩む中、首位に並んできたのはイグナシオ・ガリード(スペイン)とデビッド・リン(イングランド)だ。1打差の2位からスタートしたガリードは、10番、11番で連続バーディを奪うなどこの日3つスコアを伸ばした。またリンは、出だしの1番でダブルボギーを叩き出鼻をくじかれたが、2番から10番までで6つのバーディを奪う快進撃。最終18番パー5でもイーグルを奪いスコア“66”をマークして首位に追いついた。

首位と2打差の4位グループには、初日好スタートを切ったピーター・ローリー(アイルランド)など5人が追走。首位と3打差の9位グループに、マスターズのチャンピオンであるイアン・ウーズナム(ウェールズ)など12人が並んだ。大会3日目を終えて、首位から3打差までに総勢20人がひしめく混戦模様となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 アルガーブオープン・デ・ポルトガル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。