ニュース

欧州男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/11〜08/14 場所:バルタスロールGC(米国ニュージャージー州)

ミケルソンら6人がトップに並ぶ混戦!ビジェイは28位タイ、タイガーは113位タイと出遅れる

今季メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」が、ニュージャージー州、バルタスロールGCで開幕。難しいコースセッティングにより各選手が苦しむ中、3アンダーのトップタイには、世界のレフティ、フィル・ミケルソン、若手のトレバー・イメルマン(南アフリカ)やベン・カーティス、さらにスチュワート・アップルビー(オーストラリア)ら6人が並ぶという大混戦になった。

初日いいプレーを見せたのは、タイガー・ウッズでも、ビジェイ・シン(フィジー)でもなかった。もう1人、忘れてはならない強豪選手の1人、ミケルソンだ。アウトスタートとなったこの日は、前半2バーディ、2ボギーとやや苦戦したものの、後半に入ってチャージ。10番でバーディを奪いペースをつかむと、14番、18番でもバーディを奪取。難コースでスコア「67」を叩きだし、優勝へ向けて好スタートを切った。

<< 下に続く >>

また、今大会の注目選手、タイガーとビジェイの2人だが、ビジェイは2バーディ、2ボギーとし、首位と3打差のイーブンパー、28位タイとまずまずのポジション。ところが、タイガーは思うようなプレーができず、ボギーが先行。5オーバーの113位タイと大きく出遅れてしまった。タイガーは、この日インスタートとなったが、出だしの10番でいきなりボギーを叩いてリズムを崩した。その後も、14番、18番でボギー。後半に入っても4番でボギー、7番ではダブルボギーとズルズル後退。唯一の光明は8番でバーディを奪ったこと。明日以降、本来のプレーを取り戻せるかに期待したい。

そのほかの注目選手では、レティーフ・グーセン(南アフリカ)が2アンダーの7位タイと好位置につけたものの、神の子、セルヒオ・ガルシア(スペイン)は2オーバーの59位タイと、やや出遅れた。

最後に日本勢だが、片山晋呉がまずまずのプレーを見せ、3バーディ4ボギーの1オーバー、40位タイにつけた。しかし、丸山茂樹が3オーバーの81位タイ、谷口徹は6オーバーの119位タイと下位に低迷している。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 全米プロゴルフ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!