ニュース

欧州男子オメガ香港オープンの最新ゴルフニュースをお届け

上位にビッグネームが並び大混戦!佐藤は43位タイ

香港にある香港GCで開催されている、2005年欧州ツアー第2戦「オメガ香港オープン」の3日目。首位を走るミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)が足踏み状態の中、ビッグネーム達が差を詰めてきた。

ヒメネスは、出だしの1番でバーディを奪ったが、その後は精彩を欠きスコアを崩していく。後半12番パー5で初日に続きイーグルを奪ったヒメネスは、残りホールをパープレーで周り通算10アンダーでホールアウトした。

<< 下に続く >>

この日ヒメネスに追いついたのは、ディフェンディングチャンピオンのパドレイグ・ハリントン(アイルランド)、ジェームス・キングストン(南アフリカ)の2人。ハリントンは5バーディ2ボギーの内容で3つスコアを伸ばした。またキングストンは、9バーディ1ボギーの好スコア「62」を叩き出し通算10アンダーまで伸ばしている。

また、1打差の通算9アンダー4位タイには、トーマス・ビヨーン(デンマーク)、ニック・ファルド(イングランド)、デビッド・ハウエル(イングランド)といった強豪勢が絶好の位置に控えている。

そのほか日本勢は、佐藤信人が3バーディ1ボギーの安定した内容で2つスコアを伸ばし、通算イーブンパーの43位タイに浮上。溝口英二は最終18番でダブルボギーを叩いてしまうなど、この日3つスコアを落として通算5オーバーの72位に後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

2004年 オメガ香港オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!