ニュース

欧州男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 場所:ウィングドフットGC(米国ニューヨーク州)

タイガー・ウッズまさかの予選落ち! 日本勢では今田竜二が決勝へ

ニューヨーク州にあるウィングドフットGC西コースで行なわれている、男子メジャー第2戦「全米オープン」の2日目。注目のタイガー・ウッズはこの日もスコアを崩し、通算12オーバー、82位タイでまさかの予選落ちとなった。

インスタートのタイガーは、14番・16番でダブルボギーを叩くなど、苦しい立ち上がり。17番でバーディを奪い1つ取り返したものの、前半でスコアを3つ落としてしまう。後半に入ってからも3ボギーを叩き、最終的にはスコアを6つ落としてホールアウト。ブランクが響いたのかタイガーらしさは最後まで見られず、亡き父に捧げる「全米オープン」での舞台は終わった。

<< 下に続く >>

通算1アンダーで単独トップに躍り出たのは、スティーブ・ストリッカーだ。この日は4バーディ、3ボギーの69で回り、ただ一人アンダーパープレイを続けている。通算イーブンパーの単独2位には、コリン・モンゴメリー(スコットランド)が続き、通算1オーバーの3位タイにジェフ・オギルビー(オーストラリア)とケネス・フェリー(イングランド)の2人がつけた。

強豪では、ジム・フューリックが通算2オーバーの5位タイ。2位タイからスタートしたフィル・ミケルソンは、1バーディ、4ボギーとスコアを3つ落として、通算3オーバーの7位タイへ後退した。そのほか、ビジェイ・シン(フィジー)が通算5オーバーの14位タイ、アーニー・エルス(南アフリカ)は通算7オーバーの29位タイとなっている。

日本勢では今田竜二が、1バーディ、4ボギーとスコアを3つ落としたものの通算9オーバー、53位タイで決勝ラウンドへ駒を進めた。片山晋呉深堀圭一郎谷口徹高山忠洋の4人は予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!