ニュース

欧州男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 マスターズ
期間:04/06〜04/09 場所:オーガスタナショナルGC(米国ジョージア州)

V.シンが単独トップに!タイガーは19位タイ、日本勢では片山晋呉が48位タイ

2006年メジャー第1戦「マスターズ」が、ジョージア州アトランタのオーガスタナショナルゴルフクラブで開幕。晴天に恵まれ絶好のコンディションの中、5アンダーで単独トップに立ったのがビジェイ・シン(フィジー)だ。

ビジェイは、13番から15番で3連続バーディを奪うなど、難コースのオーガスタで計5つものバーディを奪取。しかもノーボギーという、文句のつけようがない内容で最高のスタートを切った。

<< 下に続く >>

さらに、4アンダーの単独2位には、ロッコ・メディエイトが続き、3アンダーの単独3位に、アーロン・オーバーホルザーがつけている。

注目のタイガー・ウッズは、340ヤード近いティショットを放つなど豪快なゴルフを見せた。14番のパー4では、8番アイアンで放ったセカンドショットが直接カップに入り、快心のイーグルを奪取。随所にいいプレーがあったものの、ボギーやダブルボギーを叩くなど、やや出入りの激しい内容で、イーブンパーの19位タイ発進となった。

そのほかの強豪勢では、フィル・ミケルソンレティーフ・グーセン(南アフリカ)が、2アンダーの4位タイ。アーニー・エルス(南アフリカ)も、1アンダーの8位タイと好位置を得ている。

日本勢では、片山晋呉が2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと健闘し、3オーバーの48位タイ。丸山茂樹はボギーが先行する展開となり、7オーバーの72位タイと苦しい滑り出しとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!