ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、予選通過も「今は我慢の時期」

国内女子ツアー「スタジオアリス女子オープン」の初日にバーディを奪えず3ボギーの39位タイとやや出遅れた横峯さくらは、2日目は2番パー5でバーディを先行させた。しかし、4番、6番、8番とボギーを3つたたき6オーバーに後退してしまった。

前半を終えた時点で横峯の順位は50位タイとなり、3年ぶりの予選落ちの可能性も出てきてしまった。しかし、後半は13番でバーディ、14番をボギーとするが、16番パー5でこの日3つ目のバーディを奪い通算4オーバーの32位タイで無事予選を通過した。

「ショットがよくなり始めたのが先週の日曜日なので、まだ焦らずにやります。ボギーを打っているのはミスショットが原因なので、まずはミスを減らさないと…。フラストレーションは溜まらないといえばうそになります。今は我慢の時期という感じです」。横峯は静かにこの日のラウンドを振り返った。

そして、最終日に向けては「明日もプレーできるので、試したいことを確認しながら、1つ1つを大事にプレーしたいです。ショット全体に課題はありますが、ミドルアイアンの精度を上げないと上には行けないですね」と、課題を打ち明けた。この日7時35分と早めのスタートだった横峯は、ラウンド終了後にジュニアゴルファーたちとの交流イベントに参加した。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。