ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

午前組の不運!?横峯はスコアを伸ばせず出遅れる

2006/09/07 18:00


朝から雨が降り続くあいにくの天気となった大会初日。午前組の横峯さくらは8時21分に1番ティからスタートした。前半は「パーを拾っていこう」と我慢のゴルフを目指したが、2番でボギーを叩くと、4番パー3ではティショットを左ラフに外してアプローチが寄らずにボギー。7番でもボギーを叩くと、9番ティに来たときに中断を知らせるサイレンが鳴り響いた。11時05分から11時37分まで雨の為、中断。再開後の9番でもボギーを叩いた横峯は、前半を4オーバーで折り返した。

後半に入ると雨も小降りになり、状況は徐々に改善する。それに呼応するように横峯のゴルフも復調気配。14番、16番、17番と3m程のバーディチャンスにつけたが、肝心のパットが決まらない。17番まですべてパーで迎えた最終18番、8mのバーディパットをようやく沈めて3オーバー、「最後にやっと入ってくれました」と笑顔を見せた。

<< 下に続く >>

雨の強かった前半は、飛距離が自慢の横峯でさえ「長かったですね」と舌を巻く。「だって、ボールの横にボールの落ちた後があるんですよ。え、(ランが)これだけ?って感じでした」。

宮里らの午後組に比べると、状況は格段に悪い中でのプレーとなったが「天気には勝てないので仕方ないですね」と割り切った様子の横峯。初日は36人が日没サスペンデッドでホールアウト出来ず、暫定52位タイと出遅れたが、「最後のバーディを明日につなげたい」と前向きに締めくくった。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!