ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

風に惑わされました… 首位と6打差の9位タイに後退

2008/04/26 18:31


「フジサンケイレディスクラシック」2日目を、首位タイで迎えた横峯さくら。今大会は全組が1番ティからスタートする形式のため、午後11時35分と遅いスタートとなった。

初日はコース特有の風もほとんど吹かず、「ラッキーでした」と笑顔を見せた横峯。しかし、この日はスタート時間が遅かったこともあり、強風とまではいかないまでも、ボールに影響を与える風が上空を舞い続ける。「風に惑わされました」と振り返る横峯は、スタートホールの1番に続き、3番でもボギーと出だしでつまずいてしまう。

「1番、3番のボギーで、のれませんでした」との言葉通り、5番パー5でバーディを奪った直後の6番でボギー。後半も2バーディ、2ボギーと流れに乗り切れず、「出入り激しいゴルフになってしまった」と反省の弁。特に、「いいショットでも手前に落ちてしまいました」と、風を読み切れずにショートする場面が目立った。「昨日はすごく良い流れだったのに、もったいないですね」と肩を落とした。

最終的に、この日は2つスコアを落とし、通算1アンダーの9位タイに後退。首位と6打差で最終日を迎える。差が開いたとはいえ、風が吹けば何が起きるか分からないのが川奈。「最後まで諦めずに頑張りたいです」と、気持ちを明日に向けて切り替えていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。