ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

風が吹かなくてラッキー! 笑顔の2位タイ発進!

2008/04/25 18:55


「フジサンケイレディスクラシック」初日を迎えた横峯さくら。会場は、コース特有の読みにくい強風が選手を惑わす川奈ゴルフコース・富士コース。前日は風を気にかけていた横峯だが、願いが通じたのか、この日は穏やかな晴天。「この風ならアンダーパーで、と思いました」という横峯は、序盤からプラン通りのプレーを展開する。

1番パー4で3メートルを沈めバーディ発進とすると、4番、5番のパー5でも確実にバーディを奪う。6番パー3は1メートルのパーパットを外してボギーとするが、この日のボギーは1つだけ。その後は「アプローチが1メートルくらいに寄ってくれました。耐えて、耐えてという感じでした」とパーで凌ぎ続けると、14番パー4でもバーディ。最終的に4バーディ1ボギーの「69」で終え、首位に1打差の2位タイ発進とした。

「前半で余裕が出来たので、後半もそのまま行けました。川奈は風が強いイメージしかなかったので、吹かなくてラッキーでした」と笑みを浮かべる横峯。とは言え、激しいアップダウンに芝目の強い高麗グリーンを配す川奈は、紛れもなくツアー屈指の難コース。安定したショットと、ピンに確実に寄せるアプローチの技術があってこそ、生まれた好スコアだろう。

また、久々のキャディを務める姉の彩花さんについては、「ストレスはぜんぜん感じませんでしたし、楽しくまわれました」と、こちらも問題はない様子。今大会において、過去2年間は初日のスコアが最後まで響いていただけに、今年はこのまま突っ走り、今季初優勝を狙いたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。