ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位に1打差に迫るも、18番で痛恨のボギー

2008/06/16 11:34


「サントリーレディスオープン」最終日、横峯さくらは首位と4打差の3位タイからスタートした。

1番パー5で2打目をグリーンサイドのバンカーに入れたが、きっちりと寄せてバーディ。だが、続く2番、3番と連続ボギーを叩いて通算4アンダーに後退する。7番でも3パットとした横峯は、通算3アンダーとスコアを落として折り返した。

「苦しかったです」という前半。だが、後半に入ると、ショットがピンに絡みだし、13番、15番、17番とバーディを奪って、通算6アンダーに浮上する。その時点でトップは7アンダー。最終18番次第では優勝の目も残っていた。

ティショットをフェアウェイに置いた横峯。「バーディ狙いでいった」という第2打は、グリーン右手前のバンカーにつかまってしまう。「体の開きが早くて、右に行ってしまった」と悔しがったが、このバンカーショットを寄せきれずにボギーとし、通算5アンダーの5位タイで4日間の戦いを終えた。

最終日は、「悪いなりに納得はしているけど、悪いなりのゴルフだった」という横峯。初日に「66」を出して単独首位に立ちながら、残り3日間でスコアを伸ばすことが出来ず、「初日6アンダー出たけど、良かったのか、悪かったのか…」と複雑な表情を浮かべた。

次戦は米国女子メジャーの「全米女子オープン」。「コースも分からないけど、今のままじゃ怪しい。全体的に安心感がまだ無いので、調整して臨みたいです」という横峯。得意の海外試合で、きっかけを掴みたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。