ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/29〜04/01 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

「悔しいけど、耐えられた」さくら、苦しみながらも予選通過

2007/03/31 00:00


米国女子メジャー開幕戦「クラフトナビスコチャンピオンシップ」2日目、この日も綺麗に晴れ渡った青空の下、8:21に横峯さくらは10番ティからティオフした。

初日を終え、「ポイントはティショット」と話していたが、この日もドライバーがピリッとしない。メジャー仕様にセッティングされたフェアウェイは幅が狭く、ラフも深い。コースの距離も長くなって、ティショットをラフに入れるとパーセーブがやっと、という状況だ。

<< 下に続く >>

10番、11番と連続でティショットをラフに入れた横峯だが、この2ホールをなんとかパーで切り抜ける。だが続く12番、フェアウェイキープしたにもかかわらず、2打目を大きくショートしてグリーン手前のラフに入れてしまう。そこから寄らず入らずのボギー。2日目もボギー先行の苦しい立ち上がりとなった。

15番、17番でもボギーを叩いた横峯だが、名物ホールの18番パー5では、ピンまで230ヤードの第2打を5Wで狙って見事2オンに成功。「今日イチのショット」で、きっちりとバーディを奪い見せ場を作った。

だが、予選カットラインが気になりだした後半、3番でティショットを右に曲げて林に入れ、痛恨のダブルボギーを叩いてしまう。これで一気に8オーバーまで後退。「取り戻そうとすると、ティショットが曲がってしまって・・」「精神的に弱いですね」、思わず反省の弁が口をついた。

ホールアウト後も、すぐには予選通過を信じられなかった様子の横峯。もし通っていたら・・という前置きつきで、「このコースをアンダーで回ってみたい」と残り2日の目標を掲げた。「練習不足もあると思う」という横峯は、食事を済ませると、すぐに練習場に直行して打ち込みに勤しんだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!