ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

有村、もどかしさの中の予選通過に「安心した」

「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」初日を1オーバーで終えた有村智恵。大会2日目は高校の先輩、宮里藍と同組となり大勢のギャラリーを引き連れながら、同時に予選カットラインも意識してのラウンドとなった。

けがから復帰2戦目となる有村は、「(休みの)2週間球を打たなくて、その前はバランスや調子が良かったけど、そのイメージで打ったら体がついてこないし、毎ショットどういうイメージで打つか決められなかった」と振り返る。

序盤からグリーンには乗るもののバーディチャンスにはつかず、7番(パー3)ではアプローチを寄せきれずにボギー先行としてしまう。それでも、折り返した後半の16番で2打目をピンそば1mにぴたりとつけてバーディを取り返し、予選通過を確実なものとした。

「昨日の前半が終わって、これはやばいなと思った」という有村。この日、1バーディ1ボギーの「72」、通算1オーバーの31位タイでホールアウトし、「ちょっと安心しました」と白い歯を見せた。

それでも、「いろいろ考えて打ってしまって、感覚と体が合っていない部分がある。合わせるには練習が必要だと思うけど、(たくさん)練習できないのが歯がゆい」ともどかしさも抱きながら、最終日へと臨む。(宮城県利府町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。