ニュース

米国シニアフォード・シニアプレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

C.スタドラーが、ツアー初優勝をメジャーで飾った!!

2003年米国チャンピオンズツアー第18戦『フォード・シニアプレーヤーズ選手権』が、ミシガン州ディアボーンにあるTPC of ミシガンで開催された。先週行われた「全米シニアオープン」に続き、チャンピオンズツアーの今季メジャー第3戦となる。

今週も大会を盛り上げたのはトム・ワトソンだった。2日目に強風が吹き荒れ各選手スコアを崩す中、ワトソンはスコアを伸ばし単独首位に踊り出た。しかし3日目にワトソンを上回る声援を集めたのが、チャンピオンズツアー新人のクレイグ・スタドラーだった。

7アンダー65をマークしたスタドラーが、11アンダーのワトソン、マイク・マッカラーに並び首位で最終日を迎えた。最終日のスタドラーは、スコアを伸ばしたい3番パー5でボギーを叩いてしまったが、5番ホールから3連続バーディを奪うなど7つのバーディを奪い17アンダーでツアー初優勝を果たした。

レギュラーツアー時代のスタドラーは、1982年のマスターズを含む12試合で優勝し、海外ツアーでも87年のダンロップフェニックスなど4勝を挙げている。また一人、レギュラーツアーの人気者がチャンピオンズツアーに入ったと思ったら、あっという間にビッグタイトルを手にしてしまった。

スタドラーに3ストローク離されてしまったが、14アンダー2位にはトム・ワトソン、ジム・ソープ、トム・カイトといった実力者が並んだ。カイトは、13番パー5でイーグル以外にも8つのバーディを奪い猛チャージを見せたが、ニューヒーローのスタドラーを捕えることは出来なかった。

日本の青木功はスタートから3連続バーディを奪い、その後も2つ伸ばして通算4アンダーの12位に食い込んだ。海老原清治も青木と同じく3番まで3連続バーディ。しかし中盤4つのボギーにダブルボギーも1つという内容で通算10オーバー61位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 フォード・シニアプレーヤーズ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。