ニュース

米国シニアチャールズ・シュワブ・カップ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 チャールズ・シュワブ・カップ選手権
期間:11/03〜11/06 TPCハーディングパークGC(カリフォルニア州)

カプルスら3人が首位!カルカベッキアが浮上

◇米国シニアツアー最終戦◇チャールズ・シュワブ・カップ選手権 2日目◇TPCハーディングパークGC (カリフォルニア州)◇7,113ヤード(パー71)

大会初日の午後に降り始めた雨は上がったが、全体的にはスコアが伸び悩む状態が続いている。昨年は2日間を終えて首位は9アンダーとなったが、今年は通算4アンダーが首位。アンダーパーをキープしているのも10人だけとなっている。

首位に立っているのは、フレッド・カプルスマイケル・アレンデビッド・フロスト(南アフリカ)の3人。カプスルはスタートの1番でダブルボギーをたたくが、後半にバーディを3つ重ねてスコアを1つ伸ばすことに成功した。

カプルスが中尺、そしてアレンは長尺と、チャンピオンズツアーでも多くの選手が使う長めのパターだが、フロストはレギュラーサイズのパターで奮闘中だ。この日は6バーディを奪い、ボギーは4つ。初日にはイーグルも奪い攻撃的なゴルフは健在だ。

首位と1打差の通算3アンダー4位タイには、マーク・カルカベッキア、ジェイ・ドン・ブレイク、ケニー・ペリー、ベルンハルト・ランがー(ドイツ)の4人が並んでいる。カルカベッキアは現在賞金ランキングで3位、そして今大会の冠名でシーズンのポイントを争うチャールズ・シュワブ・カップでも2位につけ、最終戦での逆転も見えてきた。

一方、賞金そしてポイント争いで首位に立つトム・レーマンは、この日2バーディ、1ボギーに1ダブルボギーとスコアを1つ落して通算イーブンパーの11位タイに後退した。残り2日間での巻き返しに期待がかかる。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 チャールズ・シュワブ・カップ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。