GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 樋口久子・紀文クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

野呂、山崎、不動など5人が首位タイ

順位 選手名 通算 合計
1 我妻弘津江 -3 69
1 白戸由香 -3 69
1 野呂奈津子 -3 69
1 不動裕理 -3 69
1 山崎千佳代 -3 69
6 河上悦子 -2 70
6 城戸富貴 -2 70
6 久保樹乃 -2 70
6 前田真希 -2 70
10 川波由利 -1 71

スコア詳細を見る

こういう展開も珍しい。3アンダー、69で5人が首位に並んだ。確率的には不思議ではないのだが、現実にはなかなか見られないケース。
野呂奈津子は4バーディ、1ボギー。 「調子はボチボチ。先週の高須(愛子)さんの優勝が刺激になりました。いまいち突っ込みが足りなくて友人からは歯がゆいって言われるし、いつもハッパをかけられてます」と野呂。そりゃそうだ。高須が勝つのなら、なんで野呂が勝てない!

今年1勝をあげた山崎千佳代も4バーディ、1ボキー。 「最近の調子からしたらほぼ完璧でした。ショットが良くて、ほぼバーディチャンスに寄ってくれたし・・ホント、良かったです。欲張らず、リズムよくラウンドしたいですね」 なんだか予感がするんだという。

メキメキ調子を上げている若い不動裕理はノーボキー。 「ボギーなしなんて、久しぶりです」 バーディチャンスは多くあったのだが、みんなピンの上についた。「いちばん長いパーパットは2メーターくらい」だったとか。
好調の秘密は「パーが拾えるようになったから」と言う。パッティングが勝負のカギを握る。少しグリップを短めにするようにしたら、グッと良くなった。今年の成長株。

福嶋晃子は不調。 「ぜんぜん、ダメです。気持ちがキレちゃってる。打つとき違うこと考えたり、ラインも読めないし、あっ打っちゃったという感じ」 それでもパープレー。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。