GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

肥後かおり、単独トップ

順位 選手名 通算 合計
1 肥後かおり -7 65
2 ハン・ヒーウォン -5 67
2 シンソーラ -5 67
2 久保樹乃 -5 67
5 大場美智恵 -4 68
5 野呂奈津子 -4 68
5 城戸富貴 -4 68
5 塩谷育代 -4 68
5 武田久子 -4 68
10 入江由香 -3 69

スコア詳細を見る

今年はジャパンメモリアルGCで行われているサントリーレディスオープン。初日好スタートを切ったのは、7アンダートップの肥後かおり。後を追う2打差に久保樹乃・韓熙圓・シンソーラがいる。

7バーディ、ボギーなしで65をマークした肥後かおりはパターは「大分感じがよくなった」1番の8メートル、17番の12メートルとロングパットも次々沈めた。しかし疲れからかショットは全然当たらない。そこで「先生に電話でもらったアドバイスだけ気をつけてプレーしました」それが良い結果につながったのかもしれない。

高村の活躍(先週のリゾートトラスト初日65)を見てキャディに「私も65を出したらパンダの枕を買ってあげる」約束をした。本当は64を出して「約束は65だったよね」と言いたかったそうだ。

5バーディ、1ボギーとした久保樹乃は「5月が悪かった。6月は頑張るつもりだったので今日はいいプレーができて良かった」「チェックポイントを1つにしぼって3日間がんばります。」

韓熙圓はパターが良かった。1番で12メートルのロングがいきなり入り本人も「ビックリしました」と。後半では12番から14番の連続バーディを沈めた。「2週間前、韓国に5日間帰りリフレッシュしてきました」

塩谷育代が36・32で4アンダー、5位につけた。昨年優勝したM.マクガイヤは3オーバー、51位。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。