GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

中野、福嶋の強力コンビが上位に

順位 選手名 通算 合計
1 中野晶 -5 67
2 福嶋晃子 -4 68
3 元載淑 -3 69
3 城戸富貴 -3 69
5 天沼知恵子 -2 70
5 肥後かおり -2 70
7 小林ひかる -1 71
7 村口史子 -1 71
7 福本佳世 -1 71
7 片野志保 -1 71

スコア詳細を見る

初日は雷のため、一時中断もあったが、無事全員がホールアウトした。歴代の勝者が上位に名を連ねている。トップにはディフェンディングチャンピオンの中野 晶。67をマークして単独リーダーとなった。4アンダー2位には那須小川で勝ち星をあげてアメリカに旅立った福嶋晃子。一昨年のチャンピオンだが、久しぶりの国内参戦。3位には城戸富貴・元載淑。日本女子オープンで初のメジャータイトルを獲得した肥後かおりは2アンダー5位につけている。

6バーディ、1ボギーの中野晶は67を出したものの、自分では納得できないでいる。「パターは合っているというわけではない。打ち切れていないけど、入ってくれたという感じ。ショットも悪いですね。昨年優勝のいいイメージはあるけど、昨年と今年は別と思ってやっています」 チャンスは確実に。そしてミスは少なくしていきたいと言う。

今日は父親がキャディに付いてのプレーだった福嶋晃子は5バーディ、1ボギー。距離は父に聞くがラインは自分で読んでいた。パッティングは読みとタッチが合っているので入る。「いい位置でのスタートですが、まぁ、初日ですからね。あんまり考えすぎないようにしています。単純にパーオン、2パットでチャンスがあればバーディというふうに。シンプルにね。」 まだ自分のゴルフが安定していないというが、あせらずマイペースで行く。

先週の住友VISA太平洋クラブレディースで優勝の島袋美幸と暫定賞金女王の不動裕理は、2オーバー28位。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。