GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横尾要、6アンダーで疾走!

1998/04/16 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 横尾要 -6 66
2 Z.モウ -5 67
3 陳志忠 -4 68
3 P.マックウィーニー -4 68
3 桑原克典 -4 68
3 手嶋多一 -4 68
3 高見和宏 -4 68
3 小達敏昭 -4 68
9 宮本勝昌 -3 69
9 加瀬秀樹 -3 69

スコア詳細を見る

ちょっと風の強かった初日、大会をリードしたのは横尾要。アウトでは2バーディ、インコースでは5バーディ。最後の18番で初ボギーにしてしまっての66。
「最後はもったいなかった。でも、はっきり言ってもっともっと伸ばせるゴルフでした。前半はぜんぜんチャンスが入らなかったし・・」
パットもよく、ショットもよかった。ボギーを打つような気がしなかった。自称「危ないところがまったくないゴルフ」だったという。

去年まではカップまで80センチの距離があると怖かった。それが今季はまったく違ってパットに自信が出てきた。「パットに自信があるとボギーが減るし、アプローチも楽になる。グリーンを外しても1メートルくらいのパットなら入るという自信があるから、OKの距離に寄せようという気がなくなる。上位をキープできるのはすべてパッティングのおかげです」
たまたま東健コーポレーションの3日目に「パットがポコポコ入ってくれて」、それから自信が甦ったのだそうだ。「少年時代はパットがすごくうまかったんです」と少し自慢した。

マスターズ帰りの丸山茂樹はダボ入りの77。「今日は体を動かしにきただけ。散歩しにきたんですよ。今日は一日中、眠さと格闘。昨日の夜は1時、2時、3時52分、4時、5時と時計を見て、一睡もしていない。きついです」
4月はあきらめて、焦らず5月、日本プロまでに「なんとかしたい」のだそうだ。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?