GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 JCBクラシック仙台の最新ゴルフニュースをお届け

おっ、トップは宮本勝昌

順位 選手名 通算 合計
1 宮本勝昌 -7 64
2 久保谷健一 -6 65
3 伊澤利光 -5 66
3 菊池純 -5 66
3 小林正則 -5 66
3 R.バックウェル -5 66
3 A.ギリガン -5 66
8 友利勝良 -4 67
8 東聡 -4 67
10 岡茂洋雄 -3 68

スコア詳細を見る

今週はJCBクラシック仙台、東北地方で開催されている。初日から好スコア続出となった。絶好調な滑り出しとしたのは久しぶりの宮本勝昌。64をマークして単独首位に立った。2位には6アンダーの久保谷健一。5アンダー3位は伊沢利光小林正則ら5人が並ぶが、このグループで66。佐藤信人は3アンダー10位とし、片山晋呉らと並んでいる。佐藤と同組でまわったデビュー3戦目の星野英正はここが地元。73として2オーバー82位。今週はなんとしても予選突破して、地元の応援に応えたいところだろう。

出だし3ホール目のロングホールでイーグルを決めた片山晋呉はこの日1イーグル、2バーディ、1ボギーとした。「ショットが良くないけど、ダメだねこれじゃ」 しかし、スコアとしては、悪くない。いい位置につけている。大学時代からの同期、宮本が首位に立って「いいライバルだからね。刺激になっていいんじゃない。僕も頑張りますよ」

3バーディ、5ボギーとした星野英正。「前の2試合の時のようにどうしようもない内容ではなかった。今までの中では一番いい内容です」 今日はインからのスタート、12番から連続バーディとして出だしはいい流れがあったが「行けるかな? と思ったけど途中からショットがおかしくなってしまった。でも球をとらえる感覚は戻ってきています」

昨日からパターを換えているという星野。「普通のパターだと下に当ってはねてしまう。格好どうのこうのではなくて、今は入るパターを選んだ」 おかげで、ショートパットは大体入ってくれた。明日のプレーに期待したい。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?