ニュース
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

ルーク・ドナルド ダブル賞金王の軌跡

ルーク・ドナルドのスイング分析

175cm72kg、PGAツアーの中でも決して体格に恵まれているとは言えないルーク・ドナルド。日本人の体形とそんなに変わらない彼が世界NO.1になった。スタッツを見てみると、飛距離こそ下位にランキングされるものの、ミドルアイアンからショートアイアン、そしてショートゲームにおいては他を寄せ付けない安定感がある。

日本人の体形とそんなに変わらない彼が世界NO.1になった要因を語る上で、ショートゲームのことを無視するわけにはいかない。 今年からの新しいスタッツ、Strokes Gained Putting(パットのスコア貢献率)という部門で1位、サンドセーブ率も5位と、そのディフェンス能力の高さが勝負強い彼のプレーを支えていると言える。その安定感抜群なショートゲームに支えられたアグレッシブなショットで、バーディ率も2位につけている。

そんな彼のプレッシャーに強いバランスの良いショットは、先ずフェイスローテーションを極力抑え、体と腕の運動量が揃った再現しやすいバックスイングから始まる。切り返し付近で少しシャット方向に握り込む動きが見られるが、手元が最下点にきた時にはもうスクエアに戻っていて、グリップエンドを支点にしながら一気に振り抜いてゆく。彼は軸を目標方向にスライドしない右軸スイングなのですが、右重心でインパクトするときに支点であるグリップエンドを早めに尚且つロフトを起こしながらインパクトできることは、安定した飛距離と方向性を生み出す彼の天性のテクニックなのだろう。足の動きを見ていただけるとお分かりになると思うが、インパクト直前に左の足が地面を蹴り上げるような動きが見られる 。これも支点感を作る上では重要な動きで、これにより手元が減速してそれによりヘッドが加速する、言わばアクセルのようなもの。シンプルで平凡に見える彼のスイングだが、非凡なテクニック満載のこれぞ世界NO1のスイングと言えよう。

解説:石井忍(いしいしのぶ)
千葉県出身、1974年生まれ。日本大学卒業後、1998年にプロテスト合格。レギュラーツアーに参戦する一方で、自身のツアー出場経験を生かし2010年からは久保谷健一、小山内護、金田久美子らのコーチとしてツアーに帯同する。特にショートゲームには卓越した見識を誇っている。

【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

アクセス急上昇!ランキング
仕事も遊びも忙しいあなたに!面倒な手間なし、シンプルに最新のレクサスに乗る方法
日本車として初のハンズオフドライブを可能にした「日産スカイライン」
新しく登場した「CONVERSE MADE FOR GOLF」のスゴイところって?

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルフ保険に加入して、人気賞品アタル
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入可能 !!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス