ニュース

欧州男子バンク・オーストリア・ゴルフオープンの最新ゴルフニュースをお届け

J.M.シンが優勝へ大きく近づく!

オーストリア、ウィーンにあるフォンタナGCで、開催されている、欧州男子ツアー第26戦「バンク・オーストリア・ゴルフオープン」の第2ラウンド。首位タイでスタートしたジーブ・ミルカ・シン(インド)が、ハイペースでスコアを伸ばし、抜け出している。

競技が54ホールに短縮されることが決まったこの日、シンが「完璧」とも言える内容でスコアを伸ばしている。インの10番からスタートしたシンは、前半だけで4バーディをマーク。後半、2バーディを奪って迎えた最終ホールではイーグルを奪い、通算15アンダーで単独首位に。後続に4打差をつけ、今季初タイトルに大きく前進している。

単独に2位につけているのは、9位タイからスタートしたサイモン・ウェイクフィールド(イングランド)。インの後半11番でボギーを叩いた後に連続バーディ、続く15番からは3連続バーディを決めて一気にスコアを伸ばし、通算11アンダー。明日の最終日に逆転できるか、注目だ。

42位タイからスタートしたマーク・ブラウン(ニュージーランド)は、インの後半、イーグルを挟んで4ホール連続でスコアを伸ばし、シンと並ぶベストスコアタイ「63」でラウンド。通算10アンダーとして、ピーター・ファウラー(オーストラリア)と並び3位タイにつけている。通算9アンダーの5位タイには、ゲーリー・ムーフィー(アイルランド)、ソレン・ハンセン(デンマーク)ら3人が続いている。なお、前回覇者のリチャード・グリーン(オーストラリア)はカットラインに1打及ばず、予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 バンク・オーストリア・ゴルフオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。