ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

溝口英二、A.スコットが6つ伸ばして首位グループに加わり4人が並んだ。

国内男子ツアー中日クラウンズ2日目。8アンダー首位に4人が並ぶ混戦状態となった。初日62で8アンダー単独首位に立ったD.ウィルソンは、前半を3バーディ、1ボギーで一時10アンダーまでスコアを伸ばした。しかし、後半ボギーを2つ叩きスタート時の8アンダーに戻ってしまった。

この日スコアを大きく伸ばしたのは、溝口英二A.スコット。開幕2戦目のダイドードリンコでは、腰痛に苦しみながらふんばって優勝した溝口が序盤から飛ばした。スタートの1番でバーディ、2番ではイーグルを奪い、4番ホールを終了して5つスコアを伸ばした。後半に入っても10番から3連続バーディを奪い10アンダーまで伸ばしたが、14番ホールからは腰痛のためボギーを2つ叩いてしまった。

<< 下に続く >>

溝口と同じようなスコアメイクをしたA.スコットは、前半5バーディ、1イーグル。後半は10番でチップインバーディを奪ったが14、16番でボギーを叩いた。「今日は11アンダーをとるつもりで攻めた。インに入ってから調子が崩れた。10番を時は今日は行けると思った。コースレコードを出すぐらいの気持ちでいた」
タイガー・ウッズとはずっと一緒に練習してきたというスコット。スイングだけでなく、爆発力もタイガーに教わったのかも知れない。

ディフェンディングチャンピオンの田中秀道は初日のスコアを挽回できず、1つ落として6オーバー。「今日の後半11番からだんだんグリーンがわかり始めたが遅すぎましたね。クラウンズに優勝するまで7年かかっているので、新しい和合を制するまで、また時間がかかるでしょう」生まれ変わった和合のグリーンをつかむことが出来ずに2日間で去ることとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!