ニュース

国内女子デサントレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

古江彩佳がプレーオフ制しツアー2勝目

◇国内女子◇デサントレディース東海クラシック 最終日(20日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6456yd(パー72)

首位で並んで出た古江彩佳東浩子がともにボギーなしの4バーディ「68」で回り、通算15アンダーでプレーオフに突入。18番で行われた1ホール目で古江がベタピンのバーディで決着をつけ、アマチュアとして制した2019年10月「富士通レディース」以来のツアー2勝目を挙げた。

<< 下に続く >>

正規の18ホールでは、最終18番で古江が先に15mのバーディパットをねじ込むと、東が6mを入れ返して、追いつくマッチレースだった。

サイ・ペイイン(台湾)が通算11アンダーで3位。通算10アンダー4位に藤田さいきが入った。通算9アンダー5位にささきしょうこ宮田成華酒井美紀が並んだ。

4打差を追って出た鈴木愛は「71」で、ツアー2勝の笹生優花稲見萌寧仲宗根澄香とともに通算8アンダー8位だった。

34位で終えた小祝さくらが、出場86試合目で生涯獲得賞金2億円を突破した。

優勝/-15/古江彩佳
2/-15/東浩子
3/-11/サイ・ペイイン
4/-10/藤田さいき
5T/-9/ささきしょうこ宮田成華酒井美紀
8T/-8/鈴木愛笹生優花稲見萌寧仲宗根澄香

関連リンク

2020年 デサントレディース東海クラシック



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!