ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

稲見萌寧が4冠達成 最優秀選手は古江彩佳/JLPGAアワード

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の年間表彰式「JLPGAアワード」が21日、東京都内のホテルで開催され、稲見萌寧が賞金ランキング賞、平均ストローク賞、輝き賞、特別賞の4冠を達成した。グレーのチェック柄ワンピースで登場し「(プロ転向)初年度に新人賞で出て、2回目ということで、出たい気持ちは大きかったので良かった」と笑みを浮かべた。ゴルフ場では見せないファッションに「慣れない感じはありますね」と恥ずかしがった。

印象深い出来事として銀メダルに輝いた「オリンピック」を挙げ、「この先も分からないけど(簡単に)できる経験ではない」と強調した。オフシーズンには遠征合宿はせず、拠点の千葉でトレーニングと練習に明け暮れる予定という。

<< 下に続く >>

古江彩佳が最優秀選手賞と新人賞に選ばれた。米ツアー予選会から帰国後の自宅待機中で会場には来られず、ビデオメッセージで「とてもうれしく、光栄です。プロを目指すジュニアたちからも尊敬してもらえるように頑張りたい。チャレンジして、たくさん経験を重ねていきたい」と喜びの声を寄せた。

メディア賞の「ベストショット」部門には、渋野日向子が「三菱電機レディス」のプレーオフ1ホール目で放った、ピン左下3mに転がり寄せた3Wでのセカンドショットが選ばれた。古江と同様に自宅待機中のため、コメントを寄せて「あそこまでギリギリを狙ってはなく、打った瞬間は少しドキッとした。攻める気持ちがあったので、結果的に良い方向に転がったのかなと思います」と振り返った。

来季は米国を主戦場とする渋野は「少しでも明るいニュースを届けられるように頑張っていきますので、これからも応援をお願いします」と締めくくった。

<受賞一覧>

最優秀選手賞:古江彩佳
賞金ランキング賞:稲見萌寧
平均ストローク賞:稲見萌寧
新人賞:古江彩佳
ビューティー・オブ・イヤー:西村優菜
敢闘賞:西郷真央
ステップアップツアー賞金ランキング賞:リ・ハナ
メディア「ベストショット」部門:渋野日向子
メディア賞「ベストコメント」部門:小祝さくら
栄誉賞:該当者なし
輝き賞:笹生優花稲見萌寧
ティーチャー・オブ・ザ・イヤー清元登子賞:村松公美子
ゴルフビジネス賞:該当者なし
特別賞:JLPGAチーム(西郷真央小祝さくら菊地絵理香稲見萌寧原英莉花西村優菜)、阿蘇紀子

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには吉本ここねプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!