2017/06/28旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.15 スリランカ後編

僕は、キャンディにいます。 前回お伝えした、スリランカの旅の後編です(前編はこちら)。西海岸の都市コロンボから内陸部へ。アジアンツアーで親交のあるミスンペレラ選手に案内してもらい、ディープな旅をし
2018/05/11ABバンク・バングラデシュオープン

比嘉一貴は22位で最終日へ J.ハリソンが首位

人が決勝ラウンドに進出。続いて第3ラウンドが行われ、通算11アンダーとしたジャック・ハリソン(イングランド)が単独首位に浮上して最終日を迎える。 通算10アンダーの2位にミスンペレラ(スリランカ
2016/05/11ヨーロピアンツアー公式

アフラシアバンク・モーリシャスオープンの内幕

ゴルフトーナメントとして珍しい国籍の持ち主には、スリランカのミスンペレラ、ブラジルのアジウソン・ダ・シウバ、そして昨年3位に入ったシンガポールのマルダン・ママトらがいる。 昨年の第1回大会 第1回
2017/06/23旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.14 スリランカ前編

GCという130年の歴史を持つコースがあります。そんな願いをかなえるため、アジアで仲良くなったミスンペレラという選手にアプローチ。事前に思い切ってメッセージを送ったところ、快くOKをもらい、今回の案内
2015/11/06パナソニックオープン インディア

通算5勝のミサン・ペレラが首位 谷昭範は出遅れ80位

◇アジアンツアー◇パナソニックオープン インディア 初日◇デリーGC(インド)◇パー72 ツアー通算5勝のミサンペレラ(スリランカ)が7バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、6アンダーの首位で
2016/12/04パナソニックオープン インディア

高橋賢は29位で最終日へ 地元インド勢が上位

。同じく地元・インドのカーリン・ジョシ、シャンカー・ダス、ジャズ・ジャネワッタナノンド(タイ)、ミサンペレラ(スリランカ)の4選手が通算6アンダー2位で続いている。 アジアンツアーに多く出場している高橋賢
2015/02/23ヨーロピアンツアー公式

インドオープンを制し母国の英雄となったラヒリ

このホールをバーディとして勝負は決した。 スウェーデンのヨアキム・ラガーグレン、タイのプラヤド・マークセン、スリランカのミスンペレラ、そして豪州のマーカス・フレイザーはプレーオフに1打及ばない通算6
2015/02/20ヨーロピアンツアー公式

コースを熟知するチョウラシアがニューデリーで輝きを放つ

ので」 首位グループから2打差の6位タイにはスリランカのミスンペレラと豪州のカレム・リチャードソンがつけている。 地元での優勝が期待される「メイバンクマレーシアオープン」王者のアニルバン・ラヒリは午後
2015/02/22ヒーローインディアンオープン

地元インド勢の一騎打ち ラヒリがプレーオフ制し2勝目!

・ラガーグレン(スウェーデン)、ミスンペレラ(スリランカ)が並んだ。 3日間リーダーボードのトップ2以内に名を連ねていたシディクール・ラーマン(バングラデシュ)は1バーディ、6ボギーと大きく崩れ、この日
2015/11/07パナソニックオープン インディア

谷昭範は予選通過 地元インドのチラフ・クマールが首位浮上

インドで首位に躍り出た。 3打差の通算8アンダー2位には、トップから出たミサンペレラ(スリランカ)。通算6アンダーの3位にはシディクール・ラーマン(バングラディシュ)ら3選手が続いた。タイのタワン
2015/06/19クイーンズカップ

谷昭範が3位発進 塚田好宣は22位

ミサンペレラ(スリランカ)。さらに1打差の3アンダー3位タイに日本の谷昭範のほか、チンナラト・ファダンシル(タイ)らが並んでいる。 2アンダーの10位タイにディフェンディングチャンピオンのタワン
2015/01/09アジアンツアー公式

アジアンツアー会長寄稿/2015年1月号

ミサンペレラ、ラシッド・カーンらがツアーで輝かしい才能を発揮している。 インド人として初めてPGAツアーを制したアージュン・アトワルが、初開催となった「ドバイ・オープン」を勝ったことは、ラヒリやカーンが
2014/11/08パナソニックオープン インディア

谷昭範は5打差11位で最終日へ ガンジーが首位堅守

、初日からの首位を守った。 シディクール・ラーマン(バングラディシュ)、ミサンペレラ(スリランカ)、シャハンカー・シャルマ(インド)の南アジア勢と、ウェイド・オームスビー(オーストラリア)の4人が
2014/03/02セイルSBIオープン

ラシード・カーンが地元インドでツアー初優勝

)、マーチン・ロミンガー(スイス)の3選手が並んだ。 3日目を終えた時点で第3ラウンドを8ホール消化し、暫定首位タイに浮上していたミサンペレラ(スリランカ)は、最終日にラウンドした28ホールで4
2013/02/24ゼイカバー ミャンマーオープン

C.プラポールが開幕戦制覇 池田勇太は24位でフィニッシュ

、2ボギーの「69」で回り通算18アンダーとして勝利を飾った。 この最終日に「65」を叩き出したミスンペレラ(スリランカ)が通算17アンダーの単独トップで先にホールアウトしていたが、プラポールは17