ニュース

米国男子シェル・ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

今週「シェル・ヒューストンオープン」に出場する“マスターズ”たち

PGAツアーでは、今週テキサス州で「シェル・ヒューストンオープン」が行なわれる。「マスターズ」直前の今大会には、先週、単独2位に入り、オーガスタへの切符を手にしたピーター・ロナードも出場。翌週オーガスタに挑むプレーヤーたちは、今週はどのような心構えでラウンドに臨むのだろうか。

ピーター・ロナード
「喜びと驚きが半々で、優勝できなくても“マスターズ”の出場権を獲得できたなんてラッキーだと思います。できれば優勝したかったですが、文句はありません。出場が決まったばかりなので、具体的な作戦はまだ考えていませんが、今週はフェアウェイウッドを1本増やして、“マスターズ”に備えたいと思います。特にパー5では、グリーンに向けて高い球でソフトに落とすショットが求められますからね」

スティーブ・ストリッカー
「グリーン周りでのアプローチを意識しながら練習しています。もちろん、ドライバーやアイアンがうまく打てなければ話になりませんが、オーガスタではパットを含めたショートゲームがカギを握ります。グリーンを外すことは必ずありますから、うまく寄せられるかどうかが大事です。過去2週間、パットやチップ・ショットの練習に時間をかけてきましたが、今週もそれは変わりません」

パドレイグ・ハリントン
「“マスターズ”対策として、新たに64度のウエッジを使い始めたので、早く慣れたいと思っています。また、ドライビングレンジではドローを普段よりも多く打っています」

バッバ・ワトソン
「オーガスタのグリーンはスロープがきつく、相当速いので、確かなパッティングが求められます。私は初出場なので、選手の話やテレビ観戦を通じてそう思っているだけですけどね。今週は、グリーンのスピードを正しく掴み、スリーパットを避け、できるだけワンパットで決めたいと思います」

アーロン・バデリー
「このレッドストーンは、オーガスタのように高速グリーンからボールがこぼれやすく、フェアウェイもオーガスタに似ているので、チップ・ショットやグリーン周りからパターで寄せるなど、“マスターズ”に向けていい準備ができると思います」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 シェル・ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。