ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/26〜03/02 場所:ラコスタリゾート&スパ(カリフォルニア州)

決勝は大本命タイガーVSランキング6位のD.トムズ

2003年世界ゴルフ選手権(WGC)第1戦「アクセンチュアマッチプレー選手権」は4日目に入り、準々決勝4試合と準決勝2試合が行われた。午前中に行われた準々決勝では、大本命のタイガー・ウッズがベテランのスコット・ホークを5アンド4で下した。

今大会は全64名の選手が出場し、それぞれ4つのブロックに分けられた。タイガーはボビー・ジョーンズ ブラケットの頂点に立ち、ゲーリー・プレーヤー ブラケットを制したのはピーター・ロナードだった。このブロックにはアーニー・エルスがいたが、P.タタランギにまさかの1回戦負け。そのタタランギを2回戦で倒したロナードが準決勝まで勝ちあがった。

<< 下に続く >>

ベテランのジェイ・ハースと若手のアダム・スコットの対戦となったゲーリー・プレーヤーブラケットは、前半互角の戦いで後半はスコットの勢いが勝っていた。8番ホールから4連続でポイントを獲得し、2アンド1でタイガーが待ち受ける準決勝へのチケットをつかんだ。

そのスコットは、準決勝でタイガーを大いに苦しめた。序盤は完全にスコットペースだった。9番でオールスクエアに戻され、12番以降で1ダウンを喫しても食らいついた。最終18番でバーディを奪いエキストラホールに持ち込んだが、19ホール目にボギーを叩いてしまった。

もう1つの準決勝は、午前中にJ.ケリーを4アンド3で破り、サム・スニード ブラケットを制したD.トムズが、P.ロナードを相手に先制した。中盤3アップまで行き、勝負あったかに思えた。しかし、粘るP.ロナードは、16番でついにオールスクエアまで持っていった。こうなると勢いは完全にロナードペースになる。しかし、追い詰めたロナードは一気に勝負をかけられず、逆に最終18番でトムズがバーディを奪い、初の決勝進出を決めた。

初戦でエルスが破れ、2回戦以降ランキング40位以下の選手が多く残っていたが、決勝に進んだのはナンバー1のタイガーと今大会出場優先順位6番目のトムズ。タイガーはこの大会初制覇に向け気合い十分だ。2人のメジャーチャンプが、最終日に36ホールの死闘を繰り広げる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!