2014/10/10ヨーロピアンツアー公式

惜しくもツアー史上初の「59」を逃したコルサーツ

難い数週間を過ごしている。 6アンダーでドークに並ぶのはチリのフェリペ・アギラー、そしてダニー・ウィレットとデビッドリンのイングランド人コンビであり、「ライダーカップ」でキャプテンを務めたポール・マギンリーはノーボギーの「…
2014/04/26PGAコラム

「ウェルズファーゴ選手権」アラカルト

ストローク(ロリー・マキロイ、2010年大会第最終ラウンド) 2013年: アーンストは72ホール目のバーディでプレーオフにコマを進め、プレーオフ1ホール目でパーセーブに成功。イングランドのデビッド
2013/10/04ヨーロピアンツアー公式

大陸ヨーロッパ選抜がパリでの初日を支配

リー・ボーディがジェイミー・ドナルドソンとデビッドリンのペアを2対1で破った。 大陸ヨーロッパ選抜の主将・オラサバルにこの日最も嬉しかった点を訊くと、「若い選手たちの活躍だね。ジューストは今日
2013/10/14ヨーロピアンツアー公式

最終日ベストスコアをマークしたリンが優勝

イングランドのデビッドリンは、オセアニコ・ビクトリアGCでの「ポルトガルマスターズ」の最終日を「63」でラウンドし、6打差を逆転して優勝を果たした。 流感の症状に苦しみ、最終日のミゲル・アンヘル
2013/10/05ヨーロピアンツアー公式

英国・アイルランド選抜が大陸ヨーロッパ選抜との差を詰める

「セベトロフィ」は2日目を終え、英国・アイルランド選抜はデビッドリンとスコット・ジェイミソンの劇的なカムバックもあり、大陸ヨーロッパ選抜との差を1ポイントに縮めた。 ホセ・マリア・オラサバル率いる
2014/09/10ヨーロピアンツアー公式

オランダでの更なる成功を狙うダイソン

かつての大会王者であるピーター・ハンソンとデビッドリンと同組でラウンドする。 「勿論ここは大好きだ。2006年に始めてここへ来てプレーした時、直ぐに気に入ったのを覚えているよ。あの時はプレーオフで
2013/10/11ヨーロピアンツアー公式

アルバロ・キロスが「第2の故郷」で首位スタート

、後半を「29」でラウンドして、フェリペ・アギュラー(チリ)、ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)、デビッドリン、グレーム・ストーム(ともにイングランド)、マックス・キーファー(ドイツ)、サイモン
2013/10/12ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルで戦闘モードに入ったリン

イングランドのデビッドリンは先週の「セベトロフィ」で苦しんだ流感の症状を振り切り、同胞のポール・ワリング、そして南アフリカのヘンニー・オットーと並び、オセアニコビクトリアGCでの
2014/10/08ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルでのイタリア勢躍進を期すマナッセロとモリナリ

グレンイーグルスで欧州代表を率いて栄冠を勝ち取ったポール・マギンリーも南ポルトガルへと向かう。 これに加え、1年前に卓越した流儀で優勝を飾ったイングランドのデビッドリンがタイトル防衛に臨むほか、スティーブ
2003/07/26ニッサン・アイルランドオープン

イングランドのデビッド・リンが単独首位に浮上!

首位陥落。上位陣が伸び悩む中、スコアを伸ばしてきたのはイングランド出身のデビッドリンだった。8バーディ、1ボギーのラウンドで通算10アンダー。10位から単独首位に急浮上している。 1996年から欧州
2014/10/07ヨーロピアンツアー公式

歴代王者がポルトガル・マスターズに集結

ショーケースなる。 少なくとも74人のヨーロピアンツアー優勝経験者が、この木曜から日曜にかけビラモウラで晩夏の陽光を楽しむ中、1年前に見事な冷静さで勝利を手中に収めたイングランドのデビッドリンがタイトル防衛
2014/02/20ヨーロピアンツアー公式

トップシードのステンソン、終盤に掴んだ勝利

を要したマッチは全部で5試合。ガルシアがマーク・リーシュマンを22ホール目で、ブラント・スネデカーがデビッドリンを20ホール目、そしてジェイソン・ダフナーがスコット・ストーリングスを19ホール目で
2013/10/07ヨーロピアンツアー公式

大陸ヨーロッパ選抜が13年越しの悲願を達成

。 ミゲル・アンヘル・ヒメネスは最初の6ホールで4つのバーディを奪い、デビッドリンを6&4で破った。流感の症状があったリンは2度、池に打ち込んでしまった。 マッテオ・マナッセロはショートゲームに熟練の
2013/08/07ヨーロピアンツアー公式

オークヒルでの復調を期すマキロイ

10人にあたるが、彼らは皆、下馬評の低い選手の成功例としてイングランドのデビッドリンを手本としたいところだ。 リンは2012年に世界ランキング100位で辛うじて全米プロの出場権を手にした。しかも、それ
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

1:7月22日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 マーク・カルカベッキア スチュワート・シンク ダレン・クラーク ベン・カーティス ジョン・デーリー デビッド・デュバル アーニー・エルス
2012/09/28WORLD

【WORLD】ライダーカップメンバー選考にみる1打の重み

ても連絡がくると嬉しいさ。自分が選ばれて当然だったから」。 しかしながら全米プロゴルフ選手権ではデビッドリンがラスト3ホール中2ホールでバーディを記録し、ポールターを抜き単独2位でフィニッシュ。3位